美白化粧水の特徴

大手化粧品メーカーなどで販売されている美白化粧水の多くは、持続性ビタミンC誘導体が配合されています。
持続性ビタミンC誘導体が配合される理由には、日焼けによるメラニン生成を抑制し、シミやソバカスを防ぐ効果があるからです。
そのため、紫外線をあびてしまった後の肌のほてりや乾燥した肌に美白化粧水をたっぷりつけることで、肌に潤いの潤いを保つことが出来ます。

特に紫外線を多く浴びた時には、まず、最初に保湿を優先する必要があるため、洗顔後には、必ず、美白化粧水をコットンなどにたっぷりとつけ、顔全体に優しく叩く感じで乾いた肌に潤いを与えるようにしましょう。
そうすることでメラニンの生成を抑制することが出来ます。

ただし、洗顔後、化粧水をたっぷりつけてから、ローションパックをすると効果抜群ですが、3分以上ローションパックをつけておかないようにしましょう。
それ以上つけているとかえって肌が乾燥してしまう可能性があるので、注意しましょう。