カテゴリー別アーカイブ: 化粧水

美白化粧水を使う前に知っておきましょう。

美白化粧水には、お肌を白く保つために色々な成分が含まれています。
特に美白成分の特徴としてメラニンを抑制するものと出来てしまっているシミなどを薄くする漂白還元の2種類があります。

また、美白成分をお肌に浸透させやすくするために保湿効果を高めるものもあります。
美白化粧水を毎日使い続けるためには、出来るだけ肌トラブルを起こしたくないものですよね?

この美白成分の中には、漂白力が強いほど、刺激が強い成分を含んでいますので、敏感肌の人は要注意ですし、普通の人でもお肌が弱っている状態で使用した場合、かゆみや赤みと言った肌トラブルが起きる場合があります。
また、初めて海外の化粧品メーカーの美白化粧水を使う場合、濃度が日本で作られているものよりも高い場合もありますので、パッチテストなどを行った上で使用するようにしましょう。

もし、万が一、赤みやかゆみなどの症状が現れた場合は、すぐに使用を中止し、専門の医療機関に相談しましょう。

お肌を白くするためには自分の肌質に合った美白化粧品を選ぶことが重要です。

美白化粧水の特徴

大手化粧品メーカーなどで販売されている美白化粧水の多くは、持続性ビタミンC誘導体が配合されています。
持続性ビタミンC誘導体が配合される理由には、日焼けによるメラニン生成を抑制し、シミやソバカスを防ぐ効果があるからです。
そのため、紫外線をあびてしまった後の肌のほてりや乾燥した肌に美白化粧水をたっぷりつけることで、肌に潤いの潤いを保つことが出来ます。

特に紫外線を多く浴びた時には、まず、最初に保湿を優先する必要があるため、洗顔後には、必ず、美白化粧水をコットンなどにたっぷりとつけ、顔全体に優しく叩く感じで乾いた肌に潤いを与えるようにしましょう。
そうすることでメラニンの生成を抑制することが出来ます。

ただし、洗顔後、化粧水をたっぷりつけてから、ローションパックをすると効果抜群ですが、3分以上ローションパックをつけておかないようにしましょう。
それ以上つけているとかえって肌が乾燥してしまう可能性があるので、注意しましょう。

美白化粧水とは

美白化粧水と言うのは、言葉どおり、お肌を白くし、潤いを与えてくれる化粧水のことを言います。
化粧水は、特に洗顔後、皮脂を洗い落としたままでいると肌の表面はもちろん、内面まで乾燥してしまいます。

そこで、洗顔や入浴後、肌を綺麗にした後、すぐに美白化粧水をたっぷりとお肌につけるようにしましょう。
そうすることで、肌の乾燥を防ぎ、シミやシワなどが出来にくくなります。

また、美白化粧水には、美白効果がある成分が含まれていますので、シミやシワと言った肌老化を防いでくれます。

若いから洗ったままの状態でも大丈夫だと安心してはいけません。
お肌の乾燥からシミやシワが出来やすくなる上、老け顔になってしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。

そうならないためにも毎日のフェイスケアを欠かさず行うようにしましょう。
若いうちから美白化粧水でお肌に潤いを保ち、そして、紫外線から肌を守るようにすることで、白い肌を保つことが出来るようになります。